トリビア

   

【高さ1mをナメたらダメ!】 わずか50cmで人間が流される「津波」の恐ろしさ

       

title2

本日早朝、福島県沖で震度5弱の地震が発生しました。
その揺れはとても大きく、関東の人が揺れに気づいて飛び起きるほどの強さでした。

2221751_pixta_3275443_m-1024x1024

現在、その被害状況などの確認が行われている最中ですが、今日の地震で特に心配されたのが津波。
その津波から逃れるためには、迅速な避難が最も大切です。しかし、今日の地震で発生した津波がそれほど大きいものではないと思ったのか、SNSには避難もせずに、津波の様子を撮影した動画が数多く投稿されたのです。

今回は、津波の恐ろしさを再確認

下の画像は、アスキーアート(AA)で作られた津波のイメージです。この画像は、元々ネット掲示板に投稿されたものでしたが、その後修正が加えられ、今やSNSや防災意識を高めるための貼り紙などにも使われています。

2215116_nami_r

そう、津波は波の先端部分だけが大きくなっているのではなく、海全体が持ち上がったような状態で襲い掛かってくるのです。荒れた海で船にぶつかる大波とは全くの別物ですね。

この画像だけでも十分に津波の恐ろしさが分かりますが、本当の津波はさらに恐ろしいとのこと。

従来の津波の認識と実際の津波の比較もご覧ください!

次のページへ続きます

PAGE TOP